ブログ詳細

【社長×専務対談】軽貨物配送業界で目指すもの、そしてその先の展望

フロムアールは女性ドライバーが多く活躍する軽貨物配送会社です。

『なぜ女性ドライバーを積極的に採用することになったのか』
『軽貨物配送業界で目指しているものは何か』
について弊社代表と専務が取材を受けましたので、対談記事を是非ご覧ください。

軽貨物のドライバーに興味がある女性に読んでいただけたら、
弊社のことがお分りいただけると思います。

 

フロムアール代表(右)と専務(左)

 

女性は軽貨物配送業界で輝ける

インタビュアー(以下、イ):フロムアールを創業したきっかけは何ですか?

–代表
弊社はまだ新しい会社で創業は去年(2019年)の12/25です。
長い間運送の仕事をやってきて働く仲間も増えてきたので、会社を立ち上げようかという話になったのがきっかけです。

イ:何で女性を中心に採用されているんですか?

–代表
最初から、女性を中心にドライバーを採用しようと考えていた訳ではないんです。新型コロナの流行をきっかけに女性の応募が増えて一緒に仕事をするうちに、仕事の細やかさやお客様への接し方をみて「女性は軽貨物ドライバーに向いてる」と思うようになりました。

 

 

–専務
正直僕は女性を積極的に採用することに最初から肯定的ではなかったんです。

イ:それはどうしてですか?

–専務
これまで一緒に仕事をしてきた女性は、僕が仕事に求めるスタンスがマッチしていなかったというか、そうやって自分の中で勝手に否定的な答えを出していました。

ですが、時代に合わせて変化していこうとしない会社の方が好きではなかったので、女性ドライバーの方々と仕事してみるとこれまで見えてなかった部分があったなと思いました。
代表も言ったように、弊社で働く女性たちを見ていて、軽貨物の業界のイメージを変えたいという会社の理念にもすごく合致すると思いました。

イ:女性が軽貨物に向いているというのはどういう面で言えますか?

–専務
先ほど仕事の細やかさという話が出ましたが、
荷物を受け取るお客様の目線から見ても女性が向いていると思います。
例えば最近だと夜遅くの配達もあります。
一人暮らしの女性であれば配達するのも女性の方が安心できますよね。

 

 

イ:確かに女性の方が安心かもしれません。女性にもっとこの仕事を知ってもらいたいですね。

–代表
そうなんです、女性が活躍できる仕事として軽貨物ドライバーの認知を上げていきたいです。
女性は出産を機に仕事を辞めて、それまでのキャリアがゼロになりがちじゃないですか。軽貨物ドライバーは育児をしながらでもできる仕事ですし、うちはいつでも復帰できる仕事なので新しい女性のキャリアとして是非軽貨物ドライバーをオススメしたいです。

 

–専務
僕は軽貨物の仕事を通じて、辛い思いをしている子供をなくしたいという気持ちもあります。
例えばシングルマザーの方で、生活がギリギリでそれによって苦しむ子供もいます。お母さんが幸せに暮らしていないと子供も幸せにはなれないので、やりがいを持って収入を得られる環境を作り出したいです。

 

子育てをしながら働く女性ドライバーも多い

 

イ:軽貨物ドライバーというとしんどいイメージがあるんですが、体力的に女性でもできる仕事ですか?

–代表
女性でも十分できる仕事ですね。重たい荷物も少ないですし、今いる女性ドライバーも活躍してくれています。

 

–専務
女性でできる仕事だと僕も思います。最近見ていて思うのが、女性も運転が上手いなと思います。
荷物についても多少重くても台車で運ぶので負担は最小限なんですよね。
中には重い荷物がある現場もありますが、そういう現場には女性ドライバーは配属しません。
女性が受け持てる現場は全体の8割くらいだと思います。

イ:荷物を依頼する企業からの評判はいかがですか?

–代表
荷主さんから女性ドライバーへの評判はいいですね。
基本的に時間をきちっと守れますし、荷物をお届けする際の接客部分でも評判がいいです。

 

–専務
軽貨物ドライバーというと”態度が良くない”というイメージを持つ人もいると思います。
それは「他に選択肢がないから」と消去法で軽貨物ドライバーの仕事を選ぶ人が少なくないからだと思います。それでは、積極的にお客様と関わろうと思わないでしょうし。
対して弊社の女性ドライバーはチャレンジ精神を持って面接に来てくださる方が多いんです。
覚悟の違いを感じるし、その心構えがお客様の評判にも直結しているなと思います。

 

–代表
妥協でやっている人も男性の中には多いですよね。

イ:軽貨物ドライバーは育児との両立も可能ですか?

–専務
正直にいうと案件によります。朝から晩までという仕事もありますが、夕方までという仕事もあるのでご希望のライフスタイルに合わせた案件を紹介します。

イ:現在はどんな案件があるのでしょうか?

–代表
案件は多岐に渡ります。宅配や企業への配達でも働き方は全然違いますし、その他にもお弁当の配達という仕事もあります。

 

–専務
企業への配達だとアパレルショップにものを届けたり、ブランドショップにジュエリーを届ける仕事や、企業にオフィス用品をお届けする仕事もあります。

 

案件の種類は様々、自分に合った仕事を選べる

 

イ:配属される案件は選べますか?

–専務
住んでいる場所やその時の状況にもよりますが、基本的には希望に沿った案件をお願いするようにしています。

イ:軽貨物の会社はたくさんありますが、フロムアールさんが力を入れていることは何ですか?

–専務
弊社は責任の所在を明確にしています。
ドライバーさんにただ仕事を振るだけでお金を抜いて終わりという会社が蔓延していますが、荷主さんから仕事を受けている以上は弊社が責任を負うべきなので、何かあったら私たちが矢面に立つようにしています。
ドライバーさんに安心して働いてもらえる環境を提供したいです。

 

–代表
あとは教育面にも力を入れています。現場の管理者が責任を持って一から教える仕組みになっています。
軽貨物配送会社で一人前になるまでしっかり面倒を見てくれる会社は実は多くありません。
最初は不安だらけだと思うので、教育をしっかり受けて1日でも早く自信を持って働けるようにしたいと思っています。

 

–専務 あと一つ、うちの大きな強みがあって、仕事や家庭、住居の相談など何かトラブルに直面した時に、それぞれの専門家を紹介してバックアップするようにしています。保育士、心理カウンセラー、弁護士、税理士、医師、不動産の専門家、設備屋さん、建設会社など様々な分野で信頼できる方をご紹介します。

 

女性ドライバーとの日常的なコミュニケーションを大事にしている

 

イ:面接の際によくされる質問はありますか?

–専務
「ロイヤリティーがありますか?」は聞かれますよね。提示している案件の数字からどれくらい手数料が引かれるのかも聞かれます。

 

–代表
弊社は手数料など不透明な費用を引くことはないんですが、会社よっては管理手数料、ロイヤリティー、福利厚生などの名目で引かれている場合もあるので、気になる方は多いようです。

イ:なぜそういった手数料は取っていないんですか?

–代表
ドライバーさんが自分の収入を計算しやすいとやりがいにつながりますし、理由のわからないお金をとっても短期的には会社の売上に繋がるかもしれないですが結局長続きしないからです。
収入を明確にしてドライバーさんにしっかり稼いでいただくことが、会社が成長する上での大前提です。

イ:今後どのような会社にしていきたいですか?

–代表
今は軽貨物配送事業のみ行なっていますが、今後事業展開をすることで女性の活躍の場を増やしていきたいと思っています。

 

–専務
今のテーマは従来の運送業のイメージからの脱却ですが、その次は請負業からの脱却を目指したいです。
お客様から依頼された荷物を運ぶだけではなく、自分たちで荷物そのものを作り出していきたいと思っています。
今後新しい事業をどんどん生み出していきたいので、今は小さい会社ですが色んな可能性を感じていただけたらと思います。

イ:ありがとうございました!

フロムアールでは女性の軽貨物配送ドライバーを募集しております。

 

軽貨物配送は男性の仕事、は過去の話。
女性が活躍できる舞台がここにあります。

子育て中の方、子育てを終えて長く働きたい方など沢山の女性が活躍しています。
皆さんのライフスタイルに合わせた案件をご紹介できますので、是非お話を聞いてみませんか?

案件情報はこちら
フロムアールへの応募はこちら

緊急依頼

090-9236-7598